So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

まもなくお引っ越し [リホ3歳 エイト1歳]

ご訪問ありがとうございます。

フランスへの引っ越しも来週に迫ってきました。
手荷物だけで行くため、悠長に構えすぎて、まだ何もパッキングしてないのですが。

フランスに行くにあたって、友人や親戚にもフランスでの生活をブログをとおして見てもらおうと思ったのですが、リホのグアムの一件を知らせていない人もたくさんいるため、今更知ってもらうのも・・・と思い、ブログを新しくすることにしました。

このブログを通して出会えたたくさんの方々への感謝とともに、これからもぜひ交流させていただけたらと思っています。
ぜひ、新しいブログにも気軽にコメント等してもらえるとうれしいです。

新しいブログ →→ http://rie87.blog.fc2.com/

今後ともよろしくお願いします。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

息抜き~ [リホ3歳 エイト1歳]

東京で息を抜いてきました!!
はぁ夢みたいな二日間だったな~。本当に夢だったみたい。


一日目は、恵比寿のウェスティンで披露宴。
少し時間があったのでラウンジでお茶をしてから・・・かなり久しぶりのガールズトークで、このときが一番はしゃいでました。

披露宴では、さすがウェスティン。美味しかった!
大学のサークルの同期の男の子と後輩の女の子の結婚だったんだけど、めちゃめちゃ幸せそうな花嫁をみてこっちも幸せになりました。ほんっとに大スキなんだな~って微笑ましかった。
リホにもこんな結婚をしてほしいなぁなんて思いながら見てました。


披露宴が夕方終わったにもかかわらず、その日の夜ご飯は母と兄と三人で食べる約束をしていたので、そのあと銀座へ。

シェ・イノの井上旭シェフの味が母のお気に入りなので、出身地?修行元?である銀座レカンを予約。
三越前のミキモトの地下にある名店中の名店です。
1日に2食も本格フレンチが続くなんてもったいなすぎる!!

堪能したかったんだけど、おなかはパンパンだったので、コースではなく私はアラカルトのハーフにしました。

フォアグラのポワレと天然茸のラヴィオリ見立て マデラソース
熊本産天然スッポンのスープ
クエの低温ポワレに香りブイヨンをあしらって

この三品をチョイス。
あとは前菜とデザートをバランスよく入れてコースに仕立ててくれました。
ちょっと偏ってるって注文のときにも言われたんだけど、どうしてもフォアグラとクエが食べたかったのでこれでよし。
そして、大正解でした!
ものっすごくおいしかった!
正統派って聞いていただけあって、変なひねりはなく堂々と勝負してる感じ。
トイレが、つくりも備品もいたって普通で残念だったけど、それでも久しぶりに超高級料理店で超一流のサービスを受け、大満足でした。
玉手箱のような小菓子の箱もインパクトありました。一年も試行錯誤した特注品なんですって。

その日、宿泊先の新宿小田急センチュリーサザンタワーに着いたのは夜12時近く。
それから母と延々しゃべり、朝方4時過ぎてようやく眠りにつきました。


翌日は超睡眠不足のまま、トライベックスで朝食ビュッフェ。
前日あれだけ食べたのによく入ること。和洋盛りだくさん10回近く取りに行き、結局二時間近く食べてました。
そしてお昼ご飯は入らなかった^^;

結局、食の旅でした。
あっという間の二日間だったけど、子供の世話をすっかり忘れて楽しんだ時間は最高でした。
また日々がんばらねば!
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明日から一人旅 [リホ3歳 エイト1歳]

明日、大学時代の友人の結婚式に出るため、東京に行ってきます。
わたしひとりで!!!

授乳中、何度か結婚式に呼ばれましたが、断りました。
東京に住んでたら、パパに何時間か預けるだけですむけど、福岡からだと泊まりがけになるし、搾乳してそれをほ乳瓶で飲ませてもらってまで、そこまでして行くのもね~と思って。

でも今回は授乳もない。
そのうえ、結婚式にこれないだろうかって聞かれたとき、ものすごく育児に疲れ切ってました。
この二人と少しでいいから離れたい、もうイヤだイヤだって思ってるちょうどそのときだったため、すぐに飛びつきました。

幸いパパは行っておいでよ~ってすんなり了承。
渡航前最後の親孝行と思って、母も誘って一緒に東京に行くことに。

パパに子供達を預けて一人で出掛けるなんて、年2~3回の美容院くらいしかなかったからほんと夢みたい!
でも反面、少し心配です。
リホは昨日も行かないで~と言い、今日は朝から大泣き。なんてこった。

けどね、パパは普段の育児の大変さを存分に味わうがいいさ。
家にいるときはとても子煩悩なパパだけど、基本的に月の三分の一は出張、三分の一は飲み会。
先月も家で夜ご飯を食べたのは土日含めて10回あるかないか。
この二日間、思い切り子供とたわむれて、とことん限界まできてる私の大変さをもっともっと理解して、飲み会をなくしてくれることを切に願います。まして渡航後、フランス・ドイツに私達を残して自分はどこそこ出張しようかなんて信じられないんだから!


こっからは渡航準備メモ。

9月30日、歯科検診全員終了。

10月5日、外務省からアポスティーユ付与。所要二週間っていわれたものの一週間で往復。早くて助かります。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

9月も終わり [リホ3歳 エイト1歳]

早いもので、今日で9月が終わりですね。
明日から10月。いよいよ出発の月。

リホは、まわりから「10月になったら外国に行くんだ~」ってあまりにも言われすぎて、変なテンションになってます。
10月になることをめちゃめちゃ喜ぶ日、外国に家族四人だけで行くことを心配する日、まだ見ぬフランスを何と思ってかテンションマックスで小躍りする日・・・
つまり、カラ元気と言われる海外着任期ってやつがもう始まっているムスメ。大丈夫かな。

どう騒ごうと、10月31日に飛行機に乗るわけで、フランス、その先のドイツの準備もしなきゃいけないのです。フランスから帰ってドイツの準備してたら間に合わないからね。

私の綿密に計画立てる用意周到さを、「心配性すぎる、忘れて行って海外モノを楽しめばいいだろ」と旅慣れたパパに言われ、数日間とてつもなくへこんでいた私ですが、ここは聞き流してやっぱり私と子供達の分はせっせこ準備しようと思っています。
そりゃぁ確かに仰るとおりですよ。
だけど、何忘れてもオッケーな単身貴族と、子連れとではだいぶ違うわけで、それに子供に少しでも精神的により良いようにしてあげたいわけで。
そもそも準備万端でなきゃ私は楽しめないんだもん。


で、とりあえず最近のメモ。

9月28日、家の電話・ネットの解約を申し込み。

9月30日、マンションの管理人さんに退去届をもらいに。

9月30日、外務省へ戸籍謄本を簡易書留で送付。アポスティーユ付与のため。

パパは海外の機関から招待状があって外国へ行くわけだけど、私達家族は特に誰からも招かれてはいない。だから、パパにくっついていくんですってことを証明するものが必要で、それが戸籍謄本なんだけど、外国当局に、戸籍謄本が日本の公の証明書であることを証明してもらうのがアポスティーユ。
アポスティーユ自体は無料。外務省への郵送料のみ。

その後、指定翻訳者に翻訳してもらい(有料!)、さらにその後公文書翻訳である認証を大使館にしてもらう。
ちなみに、ざっくりですが、ドイツ大使館は東日本の認証しかしていないため、西日本のウチはドイツ総領事館に申請する。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

公園に一人で来たの? [リホ3歳 エイト1歳]

子供が一人でトイレに行っても、子供を一人で車に残しても、物騒な世の中でしょ。
(普通に考えて絶対にどっちもしないけど!)

それが、つい先日のこと。
いつも通り10時半頃、子供達と公園に行きました。
そこに、たま~に会うホノカちゃんとおばあちゃん、そしてもう一人初めて見る女の子がいました。
もうわかります?話の流れ。

リホはオトモダチと遊べるのが嬉しくて、一緒にブランコしたり滑り台したり砂遊びしたり。
でも親としては初めて見る子だからちょっと興味をもつわけですよ。というより警戒するわけですよ。
茶髪だし(この子供の歳でよ!)、服装もちょっとやさくれてるし。
万が一何かの拍子にリホやエイトにケガさせられたら・・・とか余計な警戒までするわけですよ。
ホノカちゃんとこは、明らかにちょっと距離とっちゃってるし。

「なにちゃん?お名前は?」  「ルカ」   
(見た目通りの今風な名前だわ)←私の心の声

「何歳?」  「4歳」  
(もうちょっと大きくない?もうすぐ5歳ってとこかな)

「幼稚園は?」  「行ってないよ」  
(もし本当に4歳だとしたら年少か年中か~。この辺りだと年少からが主流だけどまぁ家庭の考えもそれぞれだしね)

「誰と来たの?」 「ルカよ」
(ん?ちょっと答えになってないぞ)

「お母さんは?」 「お母さんとお父さんはよくパチンコ行くんだよー」
(おっと~なんだって~)

「今お母さんどこにいるの?」 「おうち」
(家で何してるんだ~)


こんなにいつも行く公園で、初めて親なしで来てる未就園児に遭遇して、私には衝撃過ぎる衝撃でした。
親は何してるの?何かあったらって心配じゃないの??なんなのなんなの???

あとからいつも会うお友達も加わって、(ホッ)、一緒に遊んでいると、その親と思われる茶髪の女性が来ました。
でもこっちには関心なさそうに携帯いじりながら遠めのベンチに座るわけ。
でも明らかに子供の目線もときどきそっちいってるし第一顔が似てるし。
なんで子供に声かけてこっちに来ないんだい。

何の事情があったか知らないけど、家で何してたの?
子供心配じゃないの?
何かあったらどうするの?
この公園にいなかったらどうするの?

こうして何日かたった今でも、モヤモヤする!
でもその人には一言も言わない自分がいました。
うちらこれからもしばらくはこの公園通うし、逆切れでもされたら恐いし、なんて色々考えた自分がいました。

子供は親を選べない。
この子供に罪はない。
大変だろうけどまっすぐ育ってほしいと思いました。
二度と(こんな状況で)会いたくないです。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。